メガネのプロ集団・アイキューブにお任せください。

京れんず

外箱の特徴
平安時代初期に書かれたとされる「かぐや姫」をモチーフにしています。 物語りの一節に「家の中は暗いところもなく光満ちていた。おじいさんは 気分が悪く、苦しいときも、この子を見ると苦しいことも止まってしまっ た。腹立たしいことがあっても心が晴れた。」とあります。 京れんずにもこのような存在になってもらいたく願いを込めました。
れんずの特徴
京れんずはレンズの厚みをあえてばらばらにし、手仕事で仕上げているため、一つとして同じものはありません。それによって「運命的な人と京れんずの出会い」があるという事も魅力の一つです。







copyright 2008 icube allrights reserved.